/ Takashi Takizawa
管理部 課長
経営企画担当
コストコントロールだけで本当に会社を幸せにできるか、
というジレンマを感じ転職。
ターゲットメディアを選んだ理由
理由はいくつかありますが、特に自分に響いたのはターゲットメディアがBtoB企業の新規営業支援会社であるということです。前職では会計事務所に勤めていました。中小企業の会計外部コンサルタントとして会社の将来や税金の話をする中で、コストコントロールだけで本当に会社を幸せにできるか、というジレンマを感じていました。そんな中で本当の幸せを生み出すには売上にコミットするしかないという考えをもつようになりました。人口減の時代にあっては既存営業のみでは取引量は減少の一途をたどります。新規営業の必要性を感じながらも取り組めない企業を多く見てきました。この課題を解決することが社会的にも意義のあることだと信じています。
現在の仕事内容
私は管理部の仕事と顧客サポートの仕事をしております。顧客サポートにフォーカスしますと、ターゲットメディアのサービスの成果の見える化と課題点の解決のためにアドバイス業務を行っております。改善点をご提示して結果がでればうれしいです。クライアント貢献できていると感じる瞬間です。思うような結果が出ない場合もありますので、その際は営業チームや運用チームの力を借りて提案内容を練り直します。紆余曲折あったクライアントに成果が出たときは喜びもひとしおですね。
会社を大きくするぞ。俺が!
/ Hiroyuki Tani
営業局 課長
ターゲットメディアを選んだ理由
【企業の売上を上げるための活動”を次のステップへ推し進める支援すること】と【会社の組織が完成していなかったこと】が入社の決め手です。ターゲットメディアは無形商材なので、「コンサルティング営業」でなければ価値提供ができません。難易度は高いですが「企業の”売上を上げるための活動”を設計・実行ができる人材」に成長できるイメージを持ち、とても魅力的にでした。また、空いているポジションだらけなことも魅力でした。早くから自分の組織を持ち”自分で判断をする”という経験をしたい私には、これ以上ない環境でした。
現在の仕事内容
営業として、ベンチャー企業をはじめ、大手企業まで幅広く、新規営業先獲得に課題を抱えている企業に対して、支援を行っています。企業の営業成績は企業の業績に直結し、企業の経営戦略の根幹に関わってくるため、部門責任者や経営者の方を中心にやりとりを行います。ニーズが多様化している現在、課題は千差万別。お客様とディスカッションをしながら、お客様と一緒に課題を解決していきます。また、1つのSales Teamのマネジメントも任せていただきまして、3名のメンバーと「圧倒的な成長」をテーマに活動しています。
社員一人ひとりが成長できる環境を作る!
/ Risa Takahashi
営業局
アカウントプランナー
ターゲットメディアを選んだ理由
【若いうちからマネジメントに挑戦したい】、【女性でも活躍し続けたい】と思いターゲットメディアに入社を決めました。面接では自分のキャリアプランを実現するために、今やるべきことや必要なスキルを上司や先輩が一緒に向き合って考えてれたのが印象的でした。女性が長く活躍できる環境作りを積極的に行っているのも魅力に感じました。入社してからも社内の風通しがよく自身の成長のために挑戦したいことなど、先輩後輩関係なく意見が言い合える環境だと感じています。
現在の仕事内容
中小企業や大手企業のマーケティング施策の提案営業を行っています。クライアントの要望に応えるだけではなく、課題解決するために自ら施策の立案も行います。大型のイベントやテーマ特化型のセミナーも運用チームと協力しながら企画から運営まで携わりました。型にとらわれずクライアントごとに提案内容を考案できることが一番のやりがいです!施策が成功して喜んでもらえた時がなによりも嬉しく、営業って楽しいと思える瞬間でもあるので、クライアントにとって本当にいい施策ってなんだろうと常に考えながら仕事に取り組んでいます。
女性でも長く働ける環境を作る!
/ Takumi Noguchi
営業局
営業推進
ターゲットメディアを選んだ理由
入社を志望した理由は大きく2点です。一つ目としては自分がやりたいと思う職種であったからです。就職活動の当初からマーケティングという業務に対して強く興味を持っていました。「マーケティングの支援をすることができる。」そんな環境に魅力を感じ入社を志望しました。2つ目としては「自分のキャリア」です。自分が早く成長できる環境かどうかを2つ目の指標としていました。面接を重ねていく中で、人数が少なく新卒でも大きなクライアントとタイでやり取りすることもあると聞き、1年目でもたくさんチャンスがあることを知りました。その2点でこの会社に入社を決めました。
現在の仕事内容
現在は営業Unitの一員として、企画から営業の提案内容の考案に至るまで、幅広く営業活動のサポートを行っています。その中で特に重点を置いているのが、自分のUnitの営業状況を鑑みて営業先を確保することです。企画毎に営業先を選定して、それぞれのマーケティング活動毎に分析を行います。営業とは違い、クライアントと面と向かってやり取りをすることはないですが、自分が選定した企業のニーズに対して企画がばっちりとはまり、自分の立てた受注ストーリーを描いて受注に至った時は、とてもやりがいを感じます。
マーケティング×インサイドセールス部を立ち上げる!
/ Yuuki Muraoka
運用局
運用ディレクター
ターゲットメディアを選んだ理由
選んだ理由はいくつかありますが、一番の理由は「成長できる」「市場価値を高められる」と思ったからです。私は、自分の成長スピードを早くするためには働く環境は非常に大切な要素だと考えていたので、大企業よりも裁量権を任せてもらいやすく、早く経験を詰めるベンチャー企業を中心に就職活動を行っていました。ターゲットメディアもその中で出逢った企業の1つです。ターゲットメディアには、手を上げれば誰でも積極的にチャレンジさせてもらえる風土があります。また、自分で考え・行動することが奨励され、自分の力だけで解決できないことがあれば周囲の力を頼ることも歓迎してもらえます。ターゲットメディアでは顧客の成果にこだわり、目的達成の手段にはこだわらないという考えがあるため、論理的に顧客の成果を上げるための理論を構築・実行できれば、きちんと評価もしてもらえます。そんな環境が私がこの会社を選んだ理由の1つです。面接や社員との面談を通してしっかり話し合い、互いの求めているものがマッチするか事前にしっかりすり合わせらたのも、よかった点だと思っています。
現在の仕事内容
主に、メディアに掲載する記事やホワイトペーパー、ランディングページ、メルマガなどの制作を行っています。役割としては、お客様のリードを獲得するための ”コンテンツ制作” のパートを担っており、作成したコンテンツの品質がお客様に提供するリードの「数」や「質」に直結します。そのため、常に制作したコンテンツの効果計測・改善を繰り返し行い、品質を高める研究を重ねることが必須の業務です。社内では、営業担当者が持ってきた案件に対し運用担当者と密接に連携しながら取り組む立場にあります。コンテンツの品質を高めるためには、お客様の商材やニーズ・課題、及びお客様のお客様が持つニーズ・課題などを徹底的に理解する必要があるため、営業担当者を通してお客様にヒアリングを行ったり、資料を読み込んで勉強したり、ときには取材を行ったりなど、情報を収集する量も大変多くなります。コンテンツ制作は、お客様のマーケティングを成功させるために、「いかに必要な情報を集めて、最適なかたちでアウトプットできるか?」を考える、創造的な仕事です。
一流のBtoBマーケッターになる!
/ Ryuri Tazaki
営業局
営業推進
ターゲットメディアを選んだ理由
僕がターゲットメディアを選んだ理由は、より多くの業種の方と接点を持てる仕事がしたいと考えたからです。
多くの方の働き方、仕事に対する向き合い方を見ることで、自分が将来会社を作るときのロールモデルを探せると思っています。
又、ベンチャー企業という環境の中に身を置くことで多くの社員の方と切磋琢磨して仕事に向き合えると考えたからです。人数が少ない会社であればその分チャンスも多くそのチャンスにチャレンジできると思っています。大企業の3年、10年のスパンでなく1か月、2カ月のスパンで成長を感じて仕事が出来ると思ったので選びました。
現在の仕事内容
現在の仕事内容ですが、営業とサポートという両軸で、一見かけ離れているような仕事をしています。実際は、営業推進<サポート>という仕事の上に営業は成り立っていて、営業する企業様の情報や状態を営業推進が把握をして初めて、営業というのが成り立っていると働きながら感じています。また、自分一人では何もすることが出来ず、会社の先輩や同期がいて周りに支えてもらっての自分の仕事が成り立っているなと痛感しております。
今後、営業としては、クライアント様の状態、状況がどうかを常に考えながら仕事をしていきたいなと思っています。
最短最速で社長になる!
/ Kuwahara
営業局
アカウントプランナー
自ら考え、若手でもチャレンジできる環境が魅力
ターゲットメディアを選んだ理由
自分が実現したい世界観が一致していた事と、チャレンジできる環境に惹かれました。
私の家は自営業なのですが、経営者である父が営業活動で苦労している姿を幼い頃からずっと見てきました。「技術や信頼があっても、お客様が居なければ事業は継続できない」ということを学び、企業がきちんと事業を続けられるよう、営業活動やマーケティング活動の支援をしたいと思うようになりました。また、会社に依存せず、自分で生きていける力を身につけたいとも思っていたので、トップダウンではなく、自分たちで考え、チャレンジすることができるターゲットメディアは魅力的でした。
現在の仕事内容
既存顧客のフォローとして、クライアントの新規獲得のサポートや提案を行っています。クライアントが抱える課題・ニーズはさまざまですが、お客様と直接お会いし、クライアントの目標が達成できるよう併走していけることは、この業務のやりがいです。このクライアントのサポート業務を始めてまだ日は浅いのですが、お客様に求められる以上の結果を出せるよう、お客様と同じ目線で、当事者意識を持って全力でサポートしていきたいです。
自分の名前で仕事をする!
/ Ryo Takei
営業局
アカウントプランナー
楽しそうに仕事の話をする代表の姿に共感
ターゲットメディアを選んだ理由
ただ、1点。
代表の佐竹が、自分の会社、仕事について面白そうに話す方だと思ったからです。
「将来金持ちになる」そんな漠然とした夢を持っています。
そのため、市場として伸びている業界の企業を受けていました。 受けた企業は、大企業から中小企業、人材、IT、メーカー、広告、マーケティング等幅広いです。 その中で、一番楽しそうに会社、仕事の話を佐竹はしていました。 将来、会社をどうしていきたいか等、多くの質問したと思います。 おそらく、ほかの就活生にも何度も同じ話をされているにもかかわらず、すごい楽しそうに話していたのです。 ありがたいことに、他の似たような業界の企業からも内定は頂きましたが、やはり、面白そうに仕事をしている代表がいる企業で仕事をしてみたいと思い、ターゲットメディアに新卒で入ることを決めました。
現在の仕事内容
新規の営業をしています。
営業先の企業の課題を解決するためのマーケティング施策の提案です。役員の方や、先輩にサポートをして頂き、少しづつ受注も出てきました。今は、知識といういつまでも超えることのできない高い壁に当たっています。マーケティングという広い枠のなかの細かい知識を吸収するのに手いっぱいです。ただ、インプットした知識をアウトプットして先方が納得してもらえるのはすごくうれしいです。
また、先方の新規営業の課題の解決の手段として、提案したもの期待してもらえることもうれしく思います。知識をつけて、営業先のお客様の力になっていきたいです。
かねもちにおれはなる!!!!