/ Takashi Takizawa
管理部 課長
経営企画担当
コストコントロールだけで本当に会社を幸せにできるか、
というジレンマを感じ転職。
ターゲットメディアを選んだ理由
理由はいくつかありますが、特に自分に響いたのはターゲットメディアがBtoB企業の新規営業支援会社であるということです。前職では会計事務所に勤めていました。中小企業の会計外部コンサルタントとして会社の将来や税金の話をする中で、コストコントロールだけで本当に会社を幸せにできるか、というジレンマを感じていました。そんな中で本当の幸せを生み出すには売上にコミットするしかないという考えをもつようになりました。人口減の時代にあっては既存営業のみでは取引量は減少の一途をたどります。新規営業」の必要性を感じながらも取り組めない企業を多く見てきました。この課題を解決することが社会的にも意義のあることだと信じています。
現在の仕事内容
私は管理部の仕事と顧客サポートの仕事をしております。顧客サポートにフォーカスしますと、ターゲットメディアのサービスの成果の見える化と課題点の解決のためにアドバイス業務を行っております。改善点をご提示して結果がでればうれしいです。クライアント貢献できていると感じる瞬間です。思うような結果が出ない場合もありますので、その際は営業チームや運用チームの力を借りて提案内容を練り直します。紆余曲折あったクライアントに成果が出たときは喜びもひとしおですね。
会社を大きくするぞ。俺が!
/ Asako Tanaka
プラットフォーム事業部 リーダー
マーケティング・PR戦略担当
理念(BeStar)をただ掲げているのではなく
本当にそれが浸透していると感じた
ターゲットメディアを選んだ理由
就職活動をする上で、私は「働き方」と「自社サービスを持っていること」を重要視していました。働き方は、成果主義でありながら社員同士が協力し合っていること、それでありながらオン/オフがはっきりしているところが良いと思いました。広告業界のことはよく理解できていなかったものの、成長し続けている自社メディアを持っていることに魅力を感じました。一番の決め手は、理念(BeStar)をただ掲げているのではなく、本当にそれが浸透していると面接の際に感じたことです。
現在の仕事内容
入社して3年間営業を経験し、現在は自社サービスのマーケティング担当をやっています。仕事内容は、サービスをより多くのお客様に知ってもらい興味を持って頂くために、メールマガジンの発行やセミナーの開催、ノウハウ資料の作成など、様々なマーケティング施策を企画・実施しています。マーケティングに専念すること自体が初めてなので新しいことばかりですが、日々改善して結果が良くなっていったり、ターゲットメディアの営業活動を仕組み化できつつあると感じたり、お客様より作成したコンテンツに対してお褒めの言葉をいただくとやりがいを感じます。
業界内で自社サービスを誰もが知っている状態にする!
/ Yuta Mizoguchi
B2Bマーケティング事業部 課長
マーケティングプランナー
早いうちから色々経験を積み、
活躍が出来るベンチャー企業を探して
ターゲットメディアを選んだ理由
将来、起業をしたいという夢があった為、早いうちから色々経験を積み、活躍が出来るベンチャー企業を探していました。色々とベンチャー企業の説明会を聞いて特に印象に残ったのが、ファインドスター(グループ会社)でした。現ファインドスターグループ代表の内藤(現:ターゲットメディア社外取締役)から「起業家を輩出して、世の中に貢献したい」と言っていた言葉は、今でも忘れません。インターン時代、実際に20代がマネージャーとなりチームを率いて売上をあげている光景をみて、ここなら色々経験が出来て、活躍が出来ると思い入社しました。
現在の仕事内容
BtoBマーケティング事業部において提案業務を担当しています。新規見込みリード獲得を主軸として、コンテンツサイトの作成やナーチャリング支援を行い、クライアントの課題に対して最適な施策を提示し、解決するのが僕の役目です。やりがいとしては、クライアントから感謝されることです。自分達のサービスを通じてクライアントの売上が拡大していき、信頼され選んでよかったと言って頂けるのがとてもやりがいを感じる瞬間です。僕自身 クライアントからも色々な情報を頂き、成長させて頂いているので日々感謝しています。
ターゲットメディアでグループ会社の代表になる!
/ Kana Ishida
B2Bマーケティング事業部
営業推進業務担当
若いうちにバリバリ働いて成長したい!
ターゲットメディアを選んだ理由
就職活動時、若いうちにバリバリ働いて成長したい!という想いからベンチャー企業を見始め、ターゲットメディアに出会いました。そこで代表佐竹の話を聞き、BtoBマーケティング業界に可能性を感じ、今後どんどん需要が高まっていくだろうこの業界で働いてみたいと思ったのが最初のきっかけです。
また、少数精鋭ではなく一緒に働くメンバーを増やし、いつか上場したいといった言葉も胸に響きました。この会社で上場して、創業メンバーとして貢献したいという思いからターゲットメディアを選びました。
現在の仕事内容
現在は企画開発兼営業推進として、営業のサポートを行っています。新しくできた職種なので、試行錯誤しつつ成功失敗含め知見を貯めています。社内とのコミュニケーションはもちろん、商材を一緒に作る外部のパートナー様ともコミュニケーションをとることが多いです。社内外問わず色んな人と話をするのは、自身の刺激になりモチベーションが上がります。やりがいを感じるのは、ありきたりな回答になってしまいますがやはり"感謝"されたときです。社内の営業やパートナー様からの感謝の言葉や、営業からクライアント様が施策成功して喜んでいたなどの声を共有してもらったりするときやっていてよかったなと思えます。
女性でも長く働ける環境を作る!
/ Hitomi Aoki
B2Bマーケティング事業部
マーケティングプランナー
会社を大きくしようとしている
貴重なタイミングに巡り会えた
ターゲットメディアを選んだ理由
理念に共感し入社を決めました。自分が考える魅力的な組織のあり方であることや会社を大きくしようとしている貴重なタイミングに巡り会えたことが大きいと思います。また早い段階から現場に行かせてもらえ、チャレンジ出来る環境であり、1年目から一人で動ける場所、他ではなかなか経験出来ないことだと思います。ベンチャー企業ならではのスピード感と変化、一緒に働いてみたい!と思いました。
現在の仕事内容
営業担当をしており、クライアントは業界トップの大手企業から中小企業・外資企業まで幅広く関わっています。主にセミナーイベントや日経BP社・ITmediaマーケティング・UBMなど他メディアとの連動企画の立案からご紹介、課題を解決するための提案営業を行っています。どの企業も、より多くの見込み客を創出することに対して課題を抱えています。その解決の手段として私自身が提案したもの、ターゲットメディアのサービスが評価され、期待してもらえることがとても嬉しいです。自分が関わっている方の期待に応える、会社にもクライアントにも結果を残せる人間になりたいです。
変化を楽しみ、周りに幸せを与える人間になりたい!
/ Asuka Matsuoka
B2Bマーケティング事業部
運用ディレクター
自らが考え・行動が出来るチャレンジ精神
大いにウェルカムな企業を探していた。
ターゲットメディアを選んだ理由
数ある面接の中、ターゲットメディア程「考えさせられる質問」が多い企業はありませんでした。その中で、私の考え抜いた解答に賛同し、一緒に働きたいとその場で言って頂いた企業も他にありません。ここでなら私は社会人スタートから多くのトライが出来る、と。それをどの役員と話をしても感じる事が出来ました。
現在の仕事内容
運用部門において多くのクライアント様の施策の成功のために、メールマーケティングやイベントの運営、お客様へのフォロー等多岐に渡るサポート業務を担当しています。所謂、縁の下の役割です。サポートさせていただいた結果、サービスをリピートして頂いた時、何度も熟考した仕事を上司に認められ、お客様のマーケティングの成功に繋がった時など、ここでは記載する事が出来ない程日々やりがいを感じています。
ターゲットメディアのグループ会社社長になる!
/ Atsuki Toda
プラットフォーム事業部
マーケティングプランナー
成果を常に求められる点が魅力
ターゲットメディアを選んだ理由
大学生の頃は起業したいという思いが非常に強く、起業家を生み出すという理念に共感したことと、マーケティング会社として実施して頂いた会社に成果を出し、実施して頂いた会社が成長することで自社も伸びるという、成果を常に求められる点に魅力を感じ入社しました。
現在の仕事内容
いまだマーケティング活動を実施していない会社や、アーリーステージのベンチャー企業を中心にマーケティング活動を実施して頂くための提案業務を担当しています。マーケティング活動の成功に向けてクライアント様と共に並走していく仕事にやりがいを感じています。「受注が出た、アポイントが取れた」という声を聞くと日々の営業活動が役に立っていると感じることが出来て、とても嬉しいです。
トップセールスマンになる!